FC2ブログ

皮膚のこすりすぎに気を付ける理由

 
 皆様こんにちは 
 貴方だけのとっておき隠家サロン 
 アイラッシュサロンの須藤洋美です

 週末はお天気が崩れる模様ですね

 目元のしわ、目のくまのこと
 を書いてきましたが
 
皮膚ってこんな形してます
 

図:皮膚の構造

 images2DZY4CRY.jpg

 皮膚は3つの部分からできています

 ●表皮 ひょうひ

 ●真皮 しんぴ

 ●皮下組織 ひかそしき

 3つの機能について

 表皮

 お肌の表面(外側)にあります
 水分の保持、外部からの刺激や異物の
 混入を防ぐ役目をします

 真皮

 お肌のハリ、しわに関する重要な部分

 皮下組織

 皮下脂肪といって大部分が脂肪で
 体温保持、衝撃吸収という役目があります

 顔の皮膚・厚さ

 表皮の厚さ 0.1㎜~0.2㎜
  

 真皮の厚さ 2㎜~3㎜

 お肌の1番外側(表皮)って
 非常に薄いのです

表皮を覆っている皮脂膜というのは
もっと薄く0、02mm
ティッシュペーパー1枚分の厚さ

 ごしごしこすらないというのは
 こーんなに薄いからなのです

  images2PS9N4TJ.jpg

 ごしごしこすりすぎると皮がめくれ
 てきて、異物が混入しやすくなります

 化粧品がしみたりという経験は
 ありませんか?

 それは化粧品のせいではなく
 あなたの顔のせい

 クレンジングや洗顔のとき
 タオルでふき取るときなど

 優しく力のいれすぎに注意
 しましょう

 表皮はターンオーバー
(肌の生まれ変わり)
 をして古い角質が剥がれ落ちて
いくところ

 古い角質がたまっていると
分厚くなります

 すると、お肌の透明感が失われ
「くすみ」の原因がコレ

 体の部位により異なりますが
 足の裏は表面の皮膚も堅いですよね
 お顔の20倍の厚さです

 皮膚の構造と厚さについて
でした
 
 次回はそれぞれの役割について
 かいていきますね 

 アイラッシュサロンのホームページはこちら
 

 

 

 

 

 

 


 
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment